運転免許を取る

運転免許を取る

admin No Comments

運転免許取得についていろいろ考えてみましょう。まず気になるのは費用です。運転免許の費用は約15~35万円が多いようです。これより以下は難しいようですが、上はまだまだいると思います。この20万円以上の違いとはどういうことなのでしょう。

1つは合宿免許と一般免許との違いがあります。合宿免許は約14~17日で取れると言われているのです。つまり合宿しながら、詰めて教習を受けることができるので早く身に付きます。また、なかなか進みの遅い人にも先生が卒業予定までに、しっかり引き上げてくれるのでプラスオーバーの料金が無くて済みます。

もう一つ、免許を取る日数も気になるところですが、一般免許の場合は毎日のように予約が取れたとしても1カ月近くかかることも。しかし現実は混雑して予約が取れる日も少なく、それにもちろん自分の予定も入るので進みが遅くなります。教習と教習の間隔が空けば空くほど、技術が身に付くのに時間がかかるようになるのです。そこで一般的には1カ月半~2カ月半程度かかると考えておきましょう。

ただし合宿免許の場合は連続2週間~17日程度となるので、一般の教習所通いよりはずっと早く取れることになります。しかし合宿免許はその期間泊まり込みなので、仕事をしながら免許を取るのは難しくなるので、学生の長期休みを使用する場合が多いのです。

運転免許は必要か

admin No Comments

運転免許は必要なのでしょうか。普通免許があれば、一般の車は運転することができますが、それが自分に直接必要のない仕事の人も多いのではないでしょうか。そんな人にとっては、身分証明書代りになる程度しか価値が感じられない人もいるかも知れません。

しかし、今の時代はどのようなまさかの坂がある可能性もあるのです。運転免許の価値を感じない人は、多分自宅にも車は持たない主義かも知れません。しかしこれから高齢の親を支えるなど、立場がだんだん変ってくると車を持ちたいと思うこともあり得ます。

また急の転職が必要になる可能性もある時代です。生きていくためには1つでもできることが多い方が、チャンスも多くなります。そんなことは起こりえないと思っていても、今の時代は先のことは分かりません。そんな場合も車の免許は絶対に持っているべきではないでしょうか。

また若い人は仕事で、いつ運転を頼まれるか分かりません。特に運転をする仕事でなくても、今は運転免許を持っているのは当たり前の時代になってしまいました。当たり前のことをしていないということは、社会人としても問題があると見なされることもあるのです。運転免許はすぐに取れないものだからこそ、前もって取っておくという準備力として考えられるのです。

運転免許は身分証明にも

admin No Comments

運転免許証は運転ができるだけでなく、身分証明にも多いに役立ってくれます。
やはり身分証明は写真がついているものが理想です。運転免許証以外にパスポートなども身分証明になりますが、持っていない人もたくさんいます。また健康保険証も身分証明になりますが写真はありません。

運転免許証はいつでもお財布に入れている人も多く、写真も本籍も誕生日もすべてすぐに分かるかたちで出ているので、これ以上の身分証明証はないのではないでしょうか。特に車はあまり運転しないという人も、免許だけは切れないようにしている人もいるほどです。

また運転免許を持っていると、もちろん何かのときに役立ちます。身分証明だけでなく運転免許を持っていることは、現代の社会では不可欠とも言えるのではないでしょうか。特に若い人や働きざかりの人は、仕事でも運転免許が必要になることもあります。

逆に運転免許を持っていない人は、なぜ取らなかったのかというふうに思われることもある時代です。就職のためにも持っていた方がいいでしょう。今はいつ転職をすることになるか分からないため、とにかく運転免許が取りやすい学生のうちに取ることをおすすめします。

運転免許証は身分証明にも転職にも、そして仕事面でもいつ必要になるか分からないと考えていいのではないでしょうか。学生のときでも安く免許が取れる合宿免許などもあり、費用も分割、ローンが利用できるので家族に頼らなくても利用できる時代です。
大いにそれらお得な制度を利用して、社会に羽ばたく前に運転免許を取得するといいのではないでしょうか。